中途採用比率の公表が義務付けられます

令和3年4月1日より、従業員数が301人以上の企業には、正規雇用労働者の中途採用比率の公表が義務化されます。

公表のポイントは、
① おおむね年に1回
② 公表した日を明らかにして
③ 求職者等が容易に閲覧できる方法で(インターネットの利用、事業所への掲示や書類の備え付け等)
④ 直近の3事業年度の各年度について
公表することが必要となります。

企業が新卒採用者のみならず、中途採用者へも長期的な安定雇用の間口を開いているということが伝
わることで、企業と労働者の出会いが広がり、「良い人材」と「やりがいのある仕事」といったような双方
にメリットのある結果に繋がる可能性があります。

人生100年時代の今、職業生活が長くなることは避けられませんので、良い人材との出会いのためにも
ご対応下さいませ。

人事・労務のことで、お困りですか?
ぜひ当事務所へご相談ください。

労使トラブルは未然に防ぐ手立てを講じることが大切です。
問題が大きくなる前に、まずはご相談ください。
初回相談無料です。

お問い合わせはこちらから